宅配サービスの評価基準

現在、宅配サービスが多様化してきてきているにも関わらず、
評価の仕方は時給か配達件数という評価しかありません。

そこで、新しい評価基準を考えてみました。

評価(給料)= 保障係数(時給みたいなもの)+ 移動距離 * 配達件数

ここでポイントなのが、移動距離も賃金として考慮しているところです。
これは、タクシーの料金発生と同じようなものです。
これは安全に移動できた移動距離に対する評価です。

このような評価で給料を発生していけば、今まで以上に宅配事業に参加してくれる人材が集まるのではないでしょうか。

将来的にますます需要が増えることになる宅配事業に新たな評価基準を導入する事で宅配で稼げるような環境になってもらいたいです。