2次関数_Y軸移動

こんにちは!

本日は2次関数のY軸移動について説明します。
まず始めに2次関数のグラフについて説明します。
y = x^2の場合は以下の図のように、必ず原点を通ります。

ではY軸に対して並行移動させてみましょう。
やり方は簡単です。平行移動させたい量だけ数字を入れるだけです。
以下のようになグラフになります。

x=0の時を考えると簡単です。今回yの値が+3だけされているので、x = 0のときy = 3になる為、グラフ全体が+3だけ持ち上げることができるようになります。

以上がY軸に対して平行移動させたときの場合でした。

以上です。お疲れ様でした。